忍者ブログ
垂溪怜影梦桃瘦 空留万世放浪德 虹过千秋空生恋 只求半世共婵娟 陈封暮德。
逝去
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
夕时雨
[07/22 蒙尘]
[06/13 BlogPetのこうさぎ]
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[12/30 銀姬]
[12/30 銀姬]
花琳琅
手描きブログ
ペット
漫步麻木
akua
良ければ御望みの絵を差し上げます。
[171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [163]  [162]  [161]  [160
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「…どうしてこんな事に成っちゃたんのかしら。」
ウーメン梅田局長は悩んでいた。
目の前にずらっと並んだ、三人の大男。
おまけに物凄いの表情でこっちを睨んでいる。

「ちょっとあんた達、どういうつもりかしら?」



恋文。


「小松ちゃんにラブレターを送るのはアタシじゃないわよ?」こんな気まずい空気の中でも平然に話せる、流石ウーメン梅田局長であろう、何しろ目の前の三人は先からそれぞれの鬼神を出すまんま、黒いのオーラが放す放題の状態なんだから。
「それ位分かってる。」分かってるなら釘パンチの構えを解け。
「これはこのホテルグルメの警備に対しての不信だよ、ええ。」ココ、目が笑ってない。
「警備員を出せ、絞め殺すし。」サニー!触覚を抑えろ!部屋のものが飛んでる!どんだホラーだおい!

八つ当たりだ、明らかに八つ当たりだこいつら。

「ちょっと、堂々とテロ発言は止めなさい、うちの子はそんなの慣れってないから。」ああ頭が痛い、こいつ等にこのことを話したのアタシがバガだったわ。
これほどの小松バガとはね…
連絡に入れた後、恐るべしのスピードで事務所に集まったとか、三人はこんなに息がピッタリとか、いつもの招集では見られない光景である、まさに「小松効果」って言うべきだった。

「って?そのラブレターに何を書いてあったかな?」内容次第で生死を決めるよ?まあ99%殺すと思うけど。
「ココちゃん、思ってることは全部丸聞えなんだよ?…もう、そんなに心配なら、小松ちゃんへ直接に聞いて頂戴、アタシは忙しいだからん。」これ以上あんた達に係わりたくない、喧しいから。電話のボタンを押して、梅田は管理人に言う、「小松シェフに伝えって頂戴、”もう今日は上がっていい”って。」
「かしこまりました。」
「ほら、あんた達…って」目を上げると、目の前にはもう誰もいない、「ちょっと、さよならくらいいいなさいよもう。」



赤き百合を送ろう、相応しい君に。

「…ハア…」ホテル裏側のドアを開け、小松はだめ息を吐きながらドアを閉め、路地裏の転角を曲がれ、通常通りに家へ帰ろうと思ったんだが、いつもの出口は突然黒い壁によって封鎖されてしまった、「…あれ?ここは元々壁がありましたっけ?」思わず手を上げ触ってみようとする小松。
「小松君…そんなに触ったら君の身の安全が保障できないよ…」と’壁’は困るのような声をかけてくる。
「へ?…うきゃー!!!コ、ココここココさぁーん!??」


君に会いたい、会いたい、あいたい。

ーココの家。

「す、すみませんココさん!僕はココさんを壁に間違ったなんて…本当にすみません!」ペコペコと頭を下げる小松、そのわりにココはポワーと顔をしている…よっぽと幸せなんだろう…
「…もういい、小松、局長に聞いたぜ、最近お前の周りに妙なことばかり起こるだってよ。」ココはもう使えねと判断したトリコは直接小松に問う。「どう成ってんだ?相談ならいくらでも乗るぜ。」
「そ、松にラブレターんで、許さねぇし。」
「あ、あはは、そうですよね、僕みたいな人がラブレターを送るなんで、相当物好きな人なんでしょうね…」
「そ言う意味じゃねし。」
「へ?」
「まっ…」「あーもういいってっつてんだろうか!サニー、お前しゃべんな、話しがややこしくなる。」
「…ちっ」案外素直に引いたサニー。
「よし、小松、一体どうした。」
「はい、実は…」





私の愛しい君、私の光よ。

「…ほう、簡単にいうと、お前仮眠を取るの間、誰がお前の私室に忍び込んで、この手紙をテーブルに置いた後、何も言わずに出ていたってことか?」
「はい…」
「…小松君、この手紙、読んでもいいかな?」やっと我に返ったココは、その4枚の手紙を手にする。
「はい、でも、何も書いてないのですよ…」
「は?」
一枚を取って、トリコはそれをにおう。
「…なんだこの香りは、香水じゃねぇぞ。」
「あ、その香りは、僕眠った時ずっと嗅いでいるの気がします…」
「…ほう…」

私の片翼よ…

「あの…皆さん?どうしてそんなに怒ってるんですか…?」
「「「…」」」

私のタイヨウ…

「安心しろ、小松、絶対アイツを探し出す!」そして5連発釘パンチのスペシャルバージョンを喰らってやろう。
「トリコさん、手がキャチチャチって響いてるですけど…」
「小松君、僕たちに任せて?もうあの変態の好きにさせないよ。」一番人体に苦しめさせるの毒を仕込んでやるよ。
「ココさん、ターパンから毒が出てる出てますよ!なんで?笑ってますよね??」
「マツ、っまえもうココから出るなし。」
「いきなり監禁宣言ですか?!もうサニーさん、何処を突っ込めばいいのか分かりませんよ…っていうか、みなさん、大袈裟なんです。」
「「「大袈裟じゃねぇ(し)(ないよ)」」」


俺たちにとって、君はどれ程重要な存在、君は、まだ分かっていない。
私にとって、君は一番大切な存在、この思いは、君に伝えたのかな。


こまつ(くん)。
小松さん。


お前(君)が欲しい。







その二。
Fin。

・・・よくもココまで続いてる…ですね。
まだ終わりません、はい。



-----愚痴です。



やっと4月1日が過ぎました。
この日が嫌いです、はい、うち騙されぱっかですから。幼いからずっと。
だからこの日が嫌い、この日になるといつもひとりへやで過ごす、携帯も出ず、出来れば人と会いたくない。
もともとうそを見破るのは苦手な分野なので、こんなうそ付け放題の日が怖い。
今年も何事もなく過ごしました。
何だかこの日で生まれだ人を可哀想と思ってしまってしょうがないです、そして、あの人たちが羨ましい。
誕生日はうそになれば、成長も止まるじゃないかな…とこんな馬鹿なことを考えしまうのうちです。

すいません、ではココまで見てくださった方、どうも有り難うございました!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(C) 七条 橘 All Rights Reserved.  | 忍者ブログ * [PR]
 |  blogdesigned by 物見遊山