忍者ブログ
垂溪怜影梦桃瘦 空留万世放浪德 虹过千秋空生恋 只求半世共婵娟 陈封暮德。
逝去
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
夕时雨
[07/22 蒙尘]
[06/13 BlogPetのこうさぎ]
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[12/30 銀姬]
[12/30 銀姬]
花琳琅
手描きブログ
ペット
漫步麻木
akua
良ければ御望みの絵を差し上げます。
[166]  [165]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢がない。


ココは夢が見ない。
・・・見る事が許されていない。
夢の中の甘く世界に溺れる訳にはいけないからだ。

毒は出る。
腐蝕性が強いの毒はコントロールしないと、ベットが消える。
少年時代はよくこれで三人に笑わせる。
それに睡眠中でも野獣が襲われて来る可能性はある為、ずっと警戒態勢に入っている。
睡眠が浅い。

・・・あと、夢から覚めるのは、恐いからだ。

目が覚めると、ゆめは消えてく。
虹色の泡のようにきえてく。

それが一番耐え切れなかった。

「・・・失うより、最初から無い方が良い。」

そうやって自分に言いつつ、そして自分も納得した。
・・・筈だった。







「・・・では、試験を開始します。」
パシャ、シャ。波の音が終わることもなく響き続いている。
・・・ここは?
ビリビリと臭いが皮膚を染みってく、痛みは段々強くなっている。手を見ると、浮ぶのは不気味な紫色。
タ、ダ。毒が湧く。
足先に、同じく紫色な波が迫って来る、ザー、パジャって、ゆっくり迫って来る。
ーー死の海、最大の難関と言われっているの黒き自然現像・毒潮。
普通の人間は呼吸するさえ出来ないこの悪魔の海浜で、たっだ独りで立ち向かう。
・・・何の為に?
「ココ様、海へ。」
・・・なぜ?
「これは、あなたの免疫機能に対する最後の試験になりますゆえ。」
・・・何の意味がある?
「ご無事を祈ります。」


「・・・。」
早く死んでくれ。
「・・・ああ。」
なんという危険な能力だ!
「・・・・・・いってくる。」


気持ち悪い奴じゃ。




「いっそ浦島太郎にもなろうかな。」
笑わない冗談を口にするたび、自分の滑稽さは嗚呼と囁く。
死の海の海水は塩味?それとも上品な瑠璃バニラのあじなのかな。
分別できない、舌もうじわじわと痺れているから。
方向はみえない、目も朦朧している。
でも感じている。
体は毒を分析しているの喜び、細胞は毒を吸収しているの満悦さを。

・・・ああ、なんという下品な生物なんだろう。


「ココさん、こんばんは。」
「?!」
「あれ?ココさん?どうしましたか?」
「小松・・・クン?」
「はい、僕ですけど?」
それは何が?と小松は微笑んだ。
「こ、ここは・・・なぜここに!?」
死の海の最大の難関と言われっているの黒き自然現像・毒潮。
 普通の人間は一息で死に至るこの毒の海。
今も黒い牙を向き合ってるこの毒の空気。
小松君は居ちゃ行けない場所。

「早くここから離れなさい!」
「何でですか?」
「ここは・・・!!」
「ここはココさんが居なきゃいけない場所、でしょう?」
「・・・小松・・・クン?」

「ですから、ぼくもここに居ます。」
ほら。
ふと手を取る、花が咲く。

「・・・?!」

パアー

「ココさんは、僕と一緒にいるのは、いや?」
花が咲く。
世界はピンク色。




「小まっ・・・!」
めが、覚めた。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ア、アハハ・・・」
まだこの夢。
まだ小松君の笑顔。
まだ、泡のように消えてく。


ココさん。
・・・いや・・・違う。
ココさん、一緒に居よう?
・・・泡じゃない。
ココさん、会いたかった。
・・・手に入ればいい。
ココさん。
小松君を、手に入ればいい。


それだけだ。
僕を救いだ君を。
僕だけの君にして貰おう。



「キッス、おはよう。」
「ガアー」
「ちょっとハットを付き合ってくれる?小松君にお土産でも持って行こうと思って。」
「ガアアァー」
「ふふっ、有難う、行こうか。」

君がいるだけでも、せかいは明るくなる、君を観る度、心が騒ぐ。

こんな予告も無く君のうちの前に現ると、
「どんな顔を見せてくれるのかな。」


叫び出すかな?
それでも微笑んでくれるかな?

真っ先に抱きついてくれると良いな・・・
そうすると、こっちもいっぱい抱き合って差し上げよう。

ふふ。

FIN.

 


まさかこんな駄文に拍手をして下さった方が居る何て…恐缩です。
お掛けで自信がわいてきましたよー
ありがとうございました!
調子に乗ったので、ココ篇すごい勢いで出来上がりました。(調子乗るなよ。
振り返って見ると、やっぱり病んでますよねココ君は。
でもこれでいい、一番理想的なんです。(うちのココは
死の海って、42話で出てますよね、ココさん泳いでますよね、それで妄想しちゃいました。
アハハー
では、駄文ですいませんでした!(今更?!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(C) 七条 橘 All Rights Reserved.  | 忍者ブログ * [PR]
 |  blogdesigned by 物見遊山