忍者ブログ
垂溪怜影梦桃瘦 空留万世放浪德 虹过千秋空生恋 只求半世共婵娟 陈封暮德。
逝去
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
夕时雨
[07/22 蒙尘]
[06/13 BlogPetのこうさぎ]
[05/22 BlogPetのこうさぎ]
[12/30 銀姬]
[12/30 銀姬]
花琳琅
手描きブログ
ペット
漫步麻木
akua
良ければ御望みの絵を差し上げます。
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「…何だ、この状況は。」
十夢は一生懸命で今の状況を呑み込もうとしている。

…無理、無理無理無理。
流量オーバーだ、如何考えでも脳ミソが足りない。
と、とりあえず一応聞いておこう…
「おい小僧、大丈夫か?」

恋文。


ただいま、十夢の店の周りは恐ろしい程の人が集まっている、その中、キャーキャ-とした黄色い悲鳴とヒソヒソの議論の声が絶えることなく、原因は他でもない、珍しく現れたの三人の四天王である。

「きゃーココ様ー素敵ー」ちょっとお嬢さん、はな血が出てるよ。
「うわ!本物のトリコだ!」おいおい、写真は止めなさい写真は、何処の動物園かようちは。
「サニー様ーこっち見て!」…何のショーですか。
心の中ツッコンでも、あくまで表に出さない、そして十夢今驚いてるのは、そっちではない。
こっちだ。
「…なんでお姫様抱っこなんだ?」

「相変わらずだなここは。」トリコは背中の猛獣を十夢の前に置き、周りの人群れを睨む、「人を珍獣扱いするのも程があるぞコラ。」
「うるっせし、んだこの空気は、信じらっねーし。」ブツブツと、サニーは周りの黄色い声完璧に無視した。
「ああ、毒でも撒いてやろうかな。」冗談みたいに危言を放つの優男。でも目がメチャ本気ですけどココ様よ。
「十夢、いつもと同じ値段でいい、とりあえず速く決算しろ、そうだ、小松の分はちゃんと残しとけよ。」
「どうした?何か用事でもあったか?」珍しくイラ付いてるのトリコの顔をみると、十夢は好奇心のままに問う。「それと、何でお前三人そろってくるんだ?」普段ならこんな風景は絶対にありえない。
「松の食材の買出しのためだし。」
「…はあ」
答えになってねぇー!何で小松の買出しにお前らが居るんって聞いてるだけど?容赦なく突っ込みをいれるの十夢、もちろん心の中で。
「トリコ、一体どうした?説明位いいだろう。」


山の空雲を送ろう、それで君が微笑むなら。
 

「あのーココさん、もう大丈夫ですから、降ろしてくれませんか?」小松はそう言うと、何故か三人が微笑む。でも恐い、微笑んでいるが恐い、何か出そう程恐い。
「駄目だよ?大人しくして?」ココは一番最初に答えだ、顔が水を染みるほど柔らかい…いやそれ、毒じゃね?毒だよねおい!
「でもこの体勢は…恥ずかしいです。」目尻赤く、目が潤む、小松はもうそろそろ恥ずかしさの限界らしい。
「これも君の安全のためだよ、万が一小松君は何処の変態に拉致されたらどうする。」大真面目の顔をして、ココは小松を降ろす様子がなし。
「ココ。」サニーはココの正面まで歩く、手を伸び。
「何だい?この手は。」
「松は嫌がってるし、渡せ。」
「…渡したらどうする積りかな?」
「俺がやるし、早く渡せ。」
「…」
「……」
「ぁ、あの…サニーさん、ココさん、落ち着いてください!!」

…「何だ、この状況は…」
十夢もう完全に呆れだ、トリコの説明で何とか事情を理解出来たが、ココとサニーの攻防戦に呆れた。
「と、トリコさんーココさんとサニーさんを止めてください!」てくてくとここに走って来るの小松、何処かに微笑ましい可愛げが溢れる。十夢そう思いつつ、小松に言う、「小僧、大丈夫か、何かやばい事に巻き込んだらしいだな。」
「…へ?ぁ!」ふっと思い出した見たいな顔をして、小松は答える、「だ、大丈夫です、トリコさんたちはずっとそばに居てくださってのお陰で、この三日間何事もなかったでしたよ。すみません、ご心配お掛けまして。」ペコリと頭下げって、小松そう言う。
「そうか。」

「トリコさんー早く止めてくださいー」こっちへ来た本当の目的を思い出した小松はトリコに言う。
「ほっどけよ、しにゃしねぇだ。」トリコの返事は明らかにやる気なし。
「トリコさんっでば!」

「!?小松!お前ここでじっとしていろ!」突然、トリコの顔色が変わった。そういい残すと、彼はココとサニーの方に走る、「ココ!サニー!アイツだ!例のアイツの臭いがする!」
その言葉をミミに入れた途端、二人の動きはピッタリと止まった、そしてすごい勢いで周りの人群れを割れ、何を探し出してる。



海の浅潮を送ろう、それで君が喜ぶなら。


「トリコ!本当にアイツの匂いか?」
「ああ、間違いねぇ!そんな特別な香りを一度嗅いで、忘れるもんかよ!」
「って今何処居るし、方位は?」
「しらねよ、なんか四面から段々近付いてくる、特定できねぇ!」
「なっ!ココは?電磁波反応がねーの!?」
「おかしい…小松に向いての悪意電磁波はまったく…」
「ちっ!」
必死に目標を探すの四天王、ハットすらこんなに真剣な顔がしてないのに、今は顔すら知らないの仮想敵を捕まえるために本気を出してる。


空の結晶を差し上げよう、その純白さは君と同じから。



「トリコさん…ココさん…サニーさん…」
「…小僧、買出しに来たんだろう、食材名を言え、持ってくるから。」
「でも、トリコさんたちは…」
「…ほっておけ、その内帰ってくるだろう。」
お前はここにいる限り。と十夢が思う。
「はい…ではお願いします。」

食材名をメモしながら、十夢は小松の顔を見て苦笑う。
ーーー愛されてるな、小僧。



心は差し上げたいが、それは出来ない。
私の心もう自分の物ではないからだ。





その三。
Fin。

 


十夢登場ー四天王変ーうわ訳分からないよこれ…
ってわけでその三が出来上がりました。どうでしたか皆さん、あほぷり全開でしょう!(自慢するな!
すこしずづその謎の黒影を開けようと思ってます、どうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーー一人言っすーーーーーーーーー
今朝のエチャ楽しいかったです!もうアギサマのエチャ会にお邪魔するのは二回目ですね、みんな親切でココマにの愛も満タンなんですよ、癒されるーまだ邪魔に行くつもりです(遠慮しろよ-///-
皆様お疲れ様でしたーvーお掛けでお腹いっぱいで眠れますよ、いい夢見れますよ!
まだお機会があったらぜひ一緒にえちゃやりましょうー


ではでは。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright(C) 七条 橘 All Rights Reserved.  | 忍者ブログ * [PR]
 |  blogdesigned by 物見遊山